社会保険労務士なるには

中卒や高卒で社会保険労務士になるには、様々な経験が必要になる

社会保険労務士になるには中卒・高卒では受験できないが、
国家資格などを有している場合や
実務経験3年以上などでも受験資格として使っていくことができる。

 

社会保険労務士になるには非常に高いハードルを越えていかなければなりません。
その中には合格までの資金的な問題もありますし、時間的拘束の問題もあります。

 

資格試験の難易度もかなり高いために、受験するだけでも大きな障壁となるのです。
ですが、受験するためには受験資格が必要になります。

 

中卒・高卒では受験できないことは有名な社会保険労務士ではありますが、
きちんとした救済措置が組まれています。
その中でも行政書士は受験資格として有名です。

 

元々行政書士から分派した資格であるため、この要件が残っているのですが、
行政書士の勉強は、社会保険労務士の勉強とは必ずしも一致しません。
しかし、独立開業した際には、同時に行政書士の看板を上げられることは、大変有利になってくるのです。

 

他にも、国家資格などを有している場合には、受験資格として認められます。
かなり多くの種類が存在します。
全く業務に関係ないような資格も入っていますが、
受験する際には労務などを含めた社会経験がかなり重要であるということを示しているのです。

 

そのため、実務経験などでも受験資格にとして使っていくことができるようになっているのも、
社会保険労務士の大きな特徴でもあるのです。