社会保険労務士なるには

弁護士でも社会保険労務士になるには問題がないが、実務には経験が必要

社会保険労務士になるには弁護士となる資格を有しているということも条件として使えるが、
経営していくうえでは経験がなければかなり難しいため、
実務講座などをうまく利用する方法もある。

 

社会保険労務士になるには資格試験に合格するだけではありません。
弁護士となる資格を有していれば、社会保険労務士として名乗ることができるようになります。

 

こういった制度にはなっていますが、社会保険労務士会には登録しなければいけませんので、
登録税などの費用は発生します。

 

実際に社会保険労務士として登録を済ませたとしても、
かなりの難関が待ち受けています。
それは実務能力です。

 

たとえば、弁護士として活躍していた人が、社会保険労務士の登録をして生かしていこうと思ったとしても、
れだけでは経営は無理です。

 

専門の知識や経験がものをいう部分であるため、簡単にいくわけがないのです。

 

そこで、資格学校などでは実務講習会などを開催しているところもあります。
かなり出費がかさむことになるのですが、資格学校に受験で通うのとは意味が違います。
受験時に通う場合、その費用を回収できるとは限りません。

 

いくら受けても合格できなければ、そのお金はいくらであろうが回収しているとは言えません。
ところが、実際に開業することがわかっているのであれば、ここにかける費用は、
今後の活動で回収できる経費として見ることができるのです。
この差はかなり大きいものです。

 

開業寸前でどうやって経営していこうか迷ったときには、
こういった講座をうまく利用することも大切なのです。