社会保険労務士なるには

社会保険労務士になるには登録をしていかなければいけない

社会保険労務士会に登録して初めて名乗ることができるようになっているため、
社会保険労務士になるには合格後、研修を受けたりしなければ登録することはできない。
その費用はかなりの額であることから資金繰りも考えなければいけないのである。

 

社会保険労務士になるには合格しただけでは、名乗ることはできません。
社会保険労務士会に登録して初めて名乗ることができるようになります。
それまでにも、試験勉強にかける費用など、様々な出費を強いられてきたわけですが、
ここでも出費をしなければいけなくなります。
それが研修費です。

 

2年以上の実務経験が存在しない場合、登録要件を満たしません。

 

その救済策として4か月の通信研修と4日間に実務研修が必要になります。

 

ここで、研修費として7万円必要になってきます。

 

今までもかなりの出費があったわけですが、さらに大きな金額が必要になってくるのです。
さらに登録時にもかなりの出府がかかります。

 

各会によって違いはありますが、登録税として3万円、
手数料として3万円程度がかかり、さらには会費が発生します。
ばらつきがあるのですが、入会金におおよそ9万円/前後かかり、
年会費も同程度である9万円/年が必要になりますが、
勤務社会保険労務士の場合は半額程度になります。
さらに政治連盟年会費や、支部会費などもかかってくるため、
おおよそ20万円以上の出費は覚悟しなければいけません。

 

ここまで見ても、合格から開業まで30万円以上が必要になることから、
資金繰りをしっかりと考えていかなければいけない資格なのです。